見出し画像

他業界から未経験でエンジニアに!成長を続ける新米エンジニアの話

今回のインタビューは、スペースリーでフルスタックエンジニアになるべく日々成長を続ける五十嵐さんにお話を伺ってきました!エンジニアになりたい方、ちょっとでも興味のある方は必読です!

五十嵐浩二 / Engineer
東京工業大学大学院卒業。大手証券会社を経て、2018年よりスペースリーに入社。現在はエンジニア経験ゼロの状態からフルスタックエンジニアを目指し、日々修行中。

ーー今日はよろしくお願いします。まずは自己紹介をどうぞ!

五十嵐浩二と申します。石川県出身の26歳です。
東京工業大学の大学院を物理学専攻で卒業し、証券会社で働いていました。

ーー好きなものや趣味を教えて下さい!

ストリートダンスです!大学のサークルから始めたんですが、いまでは個人で大会に出るようにもなりました。現在もダンスは続けていて、いまはプロのダンサーとチームを組んでいます。チームで全国大会で優勝することが当面の目標ですね!

ダンスのほかにも、音楽や映画鑑賞、それに読書も好きです。あとは新しいものには目がないですね(笑)

画像2

ーースペースリーでの仕事内容を教えてください!

エンジニアとしての経験はゼロに等しくて、プログラミングは大学院時代にC++を使って研究のシミュレーションをしていた程度です。
なので、先輩エンジニアの方々から色々教えてもらいながら、サービスのテストやアプリの拡張など幅広く働いています。

未経験の自分をエンジニアとして雇ってくれ、優秀なエンジニアから学べる会社を探していた

ーーエンジニア経験ゼロの状態から、スペースリーに入ってエンジニアを目指したのはどのような経緯があったのでしょうか?

新卒では大手証券会社のグローバルマーケッツ部門に配属されました。しかし、会社のビジネスモデルや、成長性、働き方などに疑問を感じていました。また、自分のキャリアパスとしていつかエンジニアになると決めていたので、IT企業にエンジニアとして転職を考えたのは自然な流れでした。

ただ、未経験のエンジニアを募集してる会社って、正直、、、って感じなんですよね(笑) 「成長できる」とか、そういうワードで釣ってるようにしか見えない、もしくはビジネスの中身がつまらないと感じる会社が多かったです。

なので、
①優秀なエンジニアが揃っているか
②自分がワクワクできるサービスか
③ちゃんとエンジニアとして雇ってくれるか

この3点を軸に考え、未経験募集と書いていなくても恐れず応募しました!
森田さんと何回か面談させてもらったり、エンジニアから課題に取り組んだりして、結果的にスペースリーに入社しました。

ーー未経験の人にとって「エンジニアとして雇ってくれるか」は大切な観点ですよね。ちなみに五十嵐さんは仕事をする上で大切にしていることはありますか?

好きだと自信を持って言えること、生きがいだと言えること、を仕事にすることを心がけています。
「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、本当にその通りだと思っています。やっぱり好きじゃないと続かないし、好きな物事で成長を続ける人に比べ、そうではない人の成長スピードは遅いと個人的には思います。「好きな仕事で圧倒的に成長してお金稼ぐ」って幸せなことだと思っているので素直に好きなものを大切にしています!

働き方として大切にしていることは、メリハリを付けて、意識的に集中している状態を作り出すことです。

刺激が多く、成長できる環境

ーー五十嵐さんから見た、スペースリーの雰囲気を教えてください。

うるさいです(笑)
というのは冗談で、顧客の電話だったり、周りとの議論であったり、非常に活気のある職場だと思います。なにより、つまらなさそうに働いている人がいなくて、本当に刺激的です。

新しいガジェットが届いたらみんなで触ってみたり、各々考えた意見を交換し合ったり、とても楽しい職場です。ちなみに、本当に騒がしいなと思った時は、イヤホンで音楽聴きながら仕事します。そういったことも自由にできる雰囲気です。

ーー現在の働き方はどうですか?時間やプライベートとの両立について教えてください!

僕はいま、エンジニアの勉強中の身なので、毎日10時くらいに出社して22時くらいまでやったり、少し長めに働くことを意識しています。
新しいサービスのリリース前などは忙しくて終電帰り…ということもありますが、夜に予定などある日は19時に帰ったり、実際は個人の裁量で働けて基本的に融通が効く会社ですね。
僕以外のエンジニアは、皆さん実績・経歴共に非常に優秀な方々なので、1週間に2日だけ会社に来て他の平日はリモートワーク、という働き方が多いですね。

プライベートとの両立については全く問題ありません!土日休みなので、友達と遊びに行ったり、ダンスの練習や大会に参加したりなど、のびのびと過ごしています。

画像2

ーー最後に、これからのキャリアの展望や、やっていきたいことを教えてください。

まずは、引き続きワクワクする自社サービスを開発することです。
自分のキャリアとしては「一人前のフルスタックエンジニアになること」が大きな目標です。何をもって一人前とするか、学び続けなければいけない業種において一人前とは何なのか、定義は非常に曖昧ですが、簡単に言って「一人前」になることが直近の目標です。

転職の際、自分はたくさんの会社を見てスペースリーを選び、スペースリーは未経験にも関わらず僕をエンジニアとして選んでくれました。最大の恩返しはこの会社を成長・拡張させることだと考えています。ゆくゆくは会社をリードし、もっとワクワクするサービスを、人々に感動を届けられるエンジニアになりたいと思っています!

ーー今日はありがとうございました!

※この記事は2019年2月に作成されたものをリメイクしnoteに転載しています

公式Twitterでは最新情報をお届けしています!

嬉しいです!!
6
SaaSのクラウドソフト「どこでもかんたんVR」を展開しているスペースリーの公式noteです。 不動産分野ではVR内見が、製造業などでは研修VRの活用が進んでいます。360度写真や動画を使った高品質なVRコンテンツを、直感的に制作、編集、管理ができるクラウドソフトです。

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 15本

スペースリーの個性豊かなメンバー紹介です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。