見出し画像

韓国出身!Yahoo!Japanで4年間シニアエンジニアとして開発に従事したダンサーの話?!!

今回は、韓国出身エンジニアのジョンさんのインタビューをお届けします!

ジョン ハ / Engineer
韓国、プサン出身。計算工学専攻で、韓国中央大学を卒業。大学卒業後は自身で様々なサービスを開発しながらフリーランスとして活動。Yahoo!Japanで4年間シニアエンジニアとして開発に従事し、他スタートアップの経験を経てスペースリーに参画。アプリ開発を主にリードするフルスタックエンジニア。ダンサーの顔もある。

ブレイクダンスが趣味のフルスタックエンジニア

ーーではまず、自己紹介をお願いします!

ジョンと申します。韓国のプサン出身で、大学時代はソウルで過ごしました。日本に来たのは大学を卒業してからですね。

ーージョンさんは好きなものや趣味はありますか?

好きなものは幅広いんですが、ゲーム、映画、音楽、お酒、肉です(笑)
趣味はブレイクダンスです。結構前からやっていますが、なかなか楽しいですよ!

ーー韓国を離れて日本で仕事をするのは不安でしたか?

うーん・・・どうでしょう?不安がなかったといえば嘘になりますが、それ以上にワクワクしていたと思います。
エンジニアはコードを見れば分かることも多いので、多少日本語がわからなくても仕事面は大丈夫だろうと思っていました。

ーージョンさんが担う、スペースリーでの仕事を教えて下さい!

現在はメインでアプリの開発をやってます。最近ではOculus用のアプリの作業も始めました。Oculus用のアプリは初めて作成するので、やってて楽しいですね。

ーースペースリーに入社した経緯を教えてください。

たまたまネット上でスペースリーという名前を見つけたことがきっかけです。気になってホームページをチェックし、ホームページに書いてあった『Creativity + Art + Technology=Spacely』という言葉に惹かれて、詳しく知りたいと思いました。

実際に入社するときは、社員の方々といろいろ話をして、会社の雰囲気も自分に合うと感じられたので入社することにしました。能力の高いメンバーが多いことも決め手の一つでした。

画像1

2時間仕事、1時間プライベートという働き方

ーージョンさんが仕事をするうえで大切にしていることはありますか?

効果的・効率的に作業することを心がけています。またVRは進歩や変化の激しい分野ですので、常に新しいことを学び、最先端の技術や情報を身につけておけるよう意識しています。

ーージョンさんから見たスペースリーの雰囲気を教えてください。

スペースリーは誰でもやりたい事が出来る雰囲気です。自由に意見も出せるし、それが実際にサービスに反映されます。

それに皆さん個性豊かです!ファッションも性格も趣味もバラバラの人々の集まりです。あ、バラバラの雰囲気という意味ではないですよ!(笑)

ーーブレイクダンスなどの趣味と、仕事の両立はどうしていますか?

私の場合は、連続で何時間働いたとかどれだけ休んだという考え方はしていません。2時間仕事、1時間プライベートというように細かく時間を区切って働いています。エンジニアやスペースリーならではの働き方だと思います。

ーー今後、ジョンさんがしていきたい仕事は何ですか?

はっきりとした将来像を描いているわけではありません。けれども、将来的には今のプラットフォームを活用して、BtoCのVR関連サービスを作っていけたら良いな、と思っています。

ーー今日はインタビューありがとうございました!

こちらこそ。すこし恥ずかしかったです(笑)

画像2

※この記事は2019年2月に作成されたものをリメイクしnoteに転載しています

公式Twitterでは最新情報をお届けしています!

スキありがとうございます!
6
SaaSのクラウドソフト「どこでもかんたんVR」を展開しているスペースリーの公式noteです。 不動産分野ではVR内見が、製造業などでは研修VRの活用が進んでいます。360度写真や動画を使った高品質なVRコンテンツを、直感的に制作、編集、管理ができるクラウドソフトです。

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 15本

スペースリーの個性豊かなメンバー紹介です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。