2022年3月の気になるVR・テックニュース3選
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2022年3月の気になるVR・テックニュース3選

株式会社スペースリー

春は別れの季節、そして出会いの季節ですね。
4月の新入社員の入社などに向けて、対応に追われている企業様も多いのではないでしょうか?

月に1度、スペースリーからお届けする「気になるVR・テックニュース」コーナー。VR・ARなどに関連するニュースを取り上げています。

早速、2022年3月の要チェックニュースをご紹介していきます!

1.製造業こそ「メタバース」に真剣に向き合うべき

近年何かと話題の「メタバース」。
Facebook社が「Meta」に社名変更をしてから、さらに世界中からの注目度がアップしているワードですね。

そんな中、製造業の方にはとても気になるタイトルの記事を紹介いたします。

「メタバースとは何か?」という基本の部分から、
今後のメタバースの可能性をユースケースごとに解説してくれています。

また「デジタルツイン」などについても解説されており、
メタバース全体の概念を把握するのに、とても良い記事となっています!

なぜ製造業が積極的にメタバースに関わっていかなければならないのか?
今後のメタバースの成長を見守るために、知っておいて損はないかもしれません。

2.明治安田生命がVR防災訓練を実施!VRクラウドソフト「スペースリー」を活用

製造業の他にも、VRを活用すべき業界はたくさんあります!

例えば保険業界では、明治安田生命が防災訓練にスペースリーのVRを取り入れたニュースがVR Insideに取り上げられました。

コロナ禍により集合避難訓練が難しくなった明治安田生命では、
ニューノーマル対応としてVRでの避難訓練コンテンツを作成しました。

全社にて対象社員のべ600名がコンテンツを視聴したということです。

詳しい運用法は、ぜひ以下の活用インタビュー記事もご覧ください。

さまざまな業界により活用されていくVR研修は、まさに爆発的に発展している最中です。

自社の研修やトレーニングにVRを取り入れたい方は、ぜひスペースリーまでお問合せください!

3.メタが仮想空間に「パーソナル境界線」を導入、ハラスメントを防止へ

最後に、メタバースを先導する企業となった「Meta」のVR空間における新機能の話題をお届けします。

VR空間における自分自身を表す「アバター」ですが、
実はアタバーを通じてのハラスメントは、アバターというものが登場した当時から存在したそうです。

アバターに必要以上に接近したり、パーソナルスペースより中に入ろうとしたり…
いくらバーチャル上のこととはいえ、気分は良くないですよね。

それを防止する「境界線」機能を、Metaのバーチャル空間である「Horizon World」などに実装したということです。

Horizon(ホライゾン)の副社長ことVivek Sharma氏のブログ投稿によれば、パーソナル・バウンダリーではアバター間に約4フィート(約1.5メートル)の見えないバリアが設置されます。

https://www.gizmodo.jp/2022/02/meta-adds-personal-boundaries-feature-to-vr.html

これからは、メタバースの世界が広がっていくにつれて、
こうしたアバターで動く上での機能実装も増えていきそうです。

スペースリーは今後も、VRやメタバースの最新ニュースを随時お届けしてまいります!

以上、スペースリーがピックアップした「2022年3月の気になるVR・テックニュース」でした!

気になる情報や質問などがあった方は、ぜひ公式HPよりお問い合わせくださいね!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

公式Twitterでは最新情報をお届けしています!

スキありがとうございます!
株式会社スペースリー
SaaSで「空間データ活用プラットフォームのスペースリー」を展開しているスペースリーの公式noteです。360度写真や動画を使った高品質なVRコンテンツを、直感的に制作、管理、活用ができるクラウドソフトです。 メンバーやカルチャー、採用情報、VR情報などを発信します!