見出し画像

360度VR解析等の深層学習分野を担当するフルスタックエンジニアが語る、VRの未来とは

今日はスペースリーでエンジニアとして働く「なかむー」こと中村さんにインタビュー!マイペースな中村さんらしいほっこりするインタビューになりました。
中村さんのエンジニア気質もうかがえることと思います!

中村友一 / Engineer
2008年早稲田大学大学院卒業 (理工学研究科情報ネットワーク専攻)後、フリーランスとして活動し、2010年には東京大学情報理工学系研究科システム情報学専攻 石川渡辺研究室にて技術補佐員を務める。Spacely Labでの360度VR解析等の深層学習分野を主に担当するフルスタックエンジニア。

食べること、寝ること、食べたあと寝ることが好きです

ーー今日はよろしくお願いします!まずは自己紹介からお願いします。

こんにちは!スペースリーでエンジニアをしているナカムラです。
食べることと寝ることが好きで、食べたら寝ます(笑)

ーー(笑)趣味や好きなことを教えてください

ズバリ「散財」と「会社で寝ること」ですね。趣味じゃなくて病気って言った方が合ってるかもしれません。
最近はこの症状が落ち着いてきましたが、散財欲求がピークだった時は毎週パソコンを買ったりしていました。でも、会社で寝ることは今でもけっこうやっちゃいますね~。

ーー毎週パソコン買う、ってイメージができないですよ!

おやつとサービス開発を担当(笑)

ーー中村さんのスペースリーでの役割、仕事内容を教えてください!

大きく分けて2つの役割を担当しています。
1つ目はおやつを買う担当と、2つ目はその空いた時間でスペースリーのサービスをどんどん便利にしていくために新しい機能の開発をしています。
エンジニアとしての担当は細かく決まっていなくて、スペースリーのサービス全般にかかわっています。

ーーおやつ担当っぽいです!(笑)
  中村さんがスペースリーに入った経緯を教えてください。

あまり参考にはならないと思いますが...
家で寝ていた時に、急に昔からの知人に呼び出されてスペースリーを紹介されたんです。そして、うっかりしていたらいつの間にか入社していました!

ーー確かに参考にはならなさそうですね。でも中村さんらしいです!
仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

終電までに帰ることです。(キッパリ

画像1

ーースペースリーという会社の職場の雰囲気はどうですか?

まあ一見いい雰囲気です。が、座席の位置が決まっていないので、水面下で良い椅子(20万円の高性能)の取り合いバトルがあります。

ーー他のエンジニアメンバーの方たちは、どんな方々ですか?

つよい。

ーー(つよい、ってどういうことなんでしょう。能力が高いのか、個性が強いのか、はたまた我が強いのか...)
  中村さんは基本リモートで働いてますよね。どんな仕事のペースですか?

打ち合わせの時以外は稀に気が向くので、その時だけは仕方なく仕事しますね。

ーー(笑)これからどんな仕事がしたいですか?

世の中を便利にできる仕事をして、自分も楽しく生きていきたいです。

ーー終始ナカムラ節なインタビューでした(笑) ありがとうございました!

画像2

※この記事は2019年1月に作成されたものをリメイクしnoteに転載しています

公式Twitterでは最新情報をお届けしています!

ありがとうございます!他の記事もぜひ読んでくださいね!
7
SaaSのクラウドソフト「どこでもかんたんVR」を展開しているスペースリーの公式noteです。 不動産分野ではVR内見が、製造業などでは研修VRの活用が進んでいます。360度写真や動画を使った高品質なVRコンテンツを、直感的に制作、編集、管理ができるクラウドソフトです。

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 15本

スペースリーの個性豊かなメンバー紹介です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。